ブログ

日本の伝統的なギャンブル


伝統的なギャンブル
常に進化する革新的な構想と文化的重要性により、日本は人々が訪れる人気の旅行先です。ギャンブルにおいてもこの国においては他の国とは異なる歴史を持っています。これは法的制限がある時点で緩和され、またある時点では引き締められるということの繰り返しによるものです。現在日本においてはあらゆる形態の高度なギャンブルが行われていませんが、法の影に隠れて行われるゲームがあり、またパーラーやカジノのフロアでは部分的に合法化されたゲームが行われています。非道徳的なゲームは日本のギャンブル業界に浸透しています。というのもそのほとんどがヤクザと呼ばれるギャング組織によって運営されているためです。狡猾なオペレーターの不正行為により、お金を使い果たしてすべてを奪われる可能性があるのです。日本の賭博業界には厳しい歴史がありますが、それでも市民も観光客もゲームを楽しむのが大好きです。   日本の伝統的なギャンブルには、いつでも市民のお気に入りであり続けたゲームがいくつか見られます。このようなゲームを楽しみながら一晩を過ごすのは大人気です。パチンコはこの中の1つで、強力なファン層を取り込みながら長年にわたり成長してきました。西洋におけるスロットと似たマシンが、究極の没頭体験により人々をゲームセンターに引きつけています。ヤクザは間違いなく日本における違法賭博を運営する組織です。その勢力下から逃れることがなによりもまず必要です。 組員に殴られることなく獲得したすべてのお金を持ってその場を離れることができたとしたら、とても幸運であったと言えるでしょう。実はこれは誇張で、日本におけるギャンブルの情勢はそれほど危険なものではありません。パチンコ店ではいつでもギャンブルからかなりの金額を儲ける事が可能です。ネオンが灯り富の眠る狭い通路の中で行われています。ここではカジノやパーラーの違法な面に見る事ができる、日本のギャンブルの伝統的な面を表す2つの遊びをご紹介します。   1.  丁半 丁と半はそれぞれ日本語で偶数と奇数のことを指します。古い侍映画を観たことのある人なら誰でも、閉ざされた扉の向こうに隠された人気娯楽の店の中で、うさんくさい雰囲気を目にしたことがあるかもしれません。映画における丁半と同じように、この遊びには(シャツを着ている場合も着ていない場合もありますが、)ディーラーが正座してサイコロを竹のカップの中で転がします。プレイヤーがディーラーの周りに座り、丁または半のどちらかに賭けるという確率のゲームです。現在でもゲームは日本のヤクザによって違法に運営されています。   2.  パチンコ 日本で唯一の合法なギャンブルであるパチンコは、人を惹きつけるエレガントな機能を備えており最も人気のあるゲームです。日本には12000ものパーラーがあり、光と煙に覆われています。西洋のスロットとほとんど同じもので、マシンにより運命が決められます。多くの玉を獲得して現金に交換することができるように、特定のスロットに玉が入るように狙います。パーラーは民間企業とヤクザの両方により運営され、危険でありながらも楽しいゲームです。